香典返し

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0016 大阪府松原市上田1丁目2-21

営業時間 24時間365日

香典返し

香典返しのご準備

香典の意味

香典返し

香典は本来故人さまにお供えするお線香やお花の代わりとなります。

ご遺族を経済的に助ける意味合いも含まれており、お供えの購入などに使ってほしいと弔意を表す形の一つです。

近年は香典辞退されるケースも多く弔意を受け取ってもらえない場合もありますが、供花・供物・弔電など別の形で弔意を表す事もできます。

香典のマナー

香典返しの意味

香典返しは香典を頂いた事に対しての感謝のお気持ちを形に表したものになります。

即日返しという形もありますが、お通夜・お葬式の際にどれくらいの方がお見えになるかの予想も難しい点が挙げられる為に、一般的に香典をお持ち頂いた方には後日香典返しを送ります。

香典返しには、四十九日の忌明けを報告する意味も込められているので、忌明け以降に贈るか持参しご挨拶するようにします。

御礼のお気持ちを伝えるために行う事なので、ご当家のお気持ちが伝わるお品選びが大切となります。

香典返しをしなくて良い場合

お相手が香典返しをご辞退する場合

この方には、そのご意向に従って香典返しを行わないようにします。

『ご遺族側に香典返しで気を遣わせないように』『お葬式の費用の足しにしてほしい』などと気遣ってご辞退されています。

会社・労働組合・町会など決まり事がある場合

会社・労働組合・町会・各種団体などからのお香典は香典返しを辞退する事が決まっている所があります。

そのような場合は香典返しを行わないようにします。

施設や団体への寄付を希望していた場合

故人さまが、頂戴したご香典を寄付するという遺志をお持ちだった場合。

故人さまが希望していた通りに、特定の施設や団体に寄付をする事で香典返しを行わない形になります。

お香典をお持ちされた方に、寄付する旨を受け取った時点でお伝えするようにしましょう。

寄付する旨を伝えず香典返しを行わない場合、相手に不信感を抱かれる場合があるので注意が必要です。

後日挨拶状を送り、寄付させていただいた旨とお香典を頂戴した事への感謝のお気持ちを伝えるようにします。

一家の働き手がご逝去された場合

一家の働き手が亡くなった場合は、葬儀で多額の経済的負担があり家庭の収入が途絶える事もあります。そのような時は負担が大きくなる香典返しを行わなくて良いでしょう。

また、小さな子供がいるご家庭では養育費用など負担が大きい事から香典返しは控える事も選択肢の一つです。

どちらの場合でも、事前に事情を伝えておくことが大切です。香典の意味にはお葬式費用の足しにする、という意味合いがあるので遠慮せずに有難く頂戴するようにしましょう。

挨拶状を贈る際は、ご厚意に対する感謝のお気持ちをしっかり伝える事が大切です。

香典返しの時期

忌明け後~1ヶ月以内が目安

お届け時期 目安

香典返しをする時期に厳密な決まりはありません。一般的な時期としては忌明け後と言われています。

忌中(喪に服す間)にお礼をするのは慎むべき・忌明けのご報告もかねている事から、贈り先へは忌明け法要後~1ヶ月以内(遅くても)に届くのが理想となります。

時期が遅れてしまった場合には、香典返しとご挨拶の遅れをお詫びするメッセージも記載するようにしましょう。

忌明け時期 目安

仏式の場合

満中陰法要(四十九日法要)にあたる七七日忌が忌明けとなります。

宗派により考え方に違いがありますが、故人さまの魂は7日ごとに7回裁きが行われると言い初七日~七七日までが忌中となり、満中陰(四十九日法要)が忌明けとなります。

亡くなった日から忌明けまでが三カ月にまたぐ場合・忌明けまでに年越しがある場合などの場合に、七五日(三十五日)で切り上げて忌明けする場合があります。

『みつき(三カ月)』=『身に付く』

『しじゅう(四十)』=『始終』

『く(九)』=『苦』

【始終苦が身に付く】という語呂合わせから縁起が悪いという事で三カ月にまたぐ事を避ける方もいます。

これは仏式の考え方では無い事から、ご遺族や親族地域柄で忌明けを何時にするか判断すると良いでしょう。

満中陰(四十九日法要)前に香典返しを贈る場合は相手方がまだ忌中ではないかと疑問に思う事もあるので、早期にお礼をした理由を添える手紙を添えておきましょう。

キリスト教の場合

本来キリスト教ではお香典(お花料)を送る文化が無い為、香典返しを行う習慣は無いとされています。

しかし、現代ではお花料としてお香典をお渡しする方も多くなっている事から香典返しを行う方もおられます。

キリスト教の信者が仏式の影響を受けたとされていますが、本質的な意味は同じで、葬儀にお花料としてお香典をお持ち頂いた方への感謝のお気持ちを伝えたいという事から香典返しを行います。

香典返しをするタイミングは、カトリックの場合、死後30日目にある『追悼ミサ』、プロテスタントの場合は、死後1か月後にある『追悼記念集会』に香典返しを送るのが一般的とされています。

いずれも仏式や神道よりも早い時期に香典返しを贈る為、早め準備が必要とされます。

神道の場合

本来神道でもキリスト教と同様にお香典(玉串料)を送る文化が無い為、香典返しを行う習慣は無いとされています。

しかし、現代では玉串料としてお香典をお渡しする方も多くなっている事から香典返しを行う方もおられます。

仏教同様に神道も本質的な意味は同じで、葬儀に玉串料としてお香典をお持ち頂いた方への感謝のお気持ちを伝えたいという事から香典返しを行います。

香典返しをするタイミングは、故人が亡くなってから30日後に行われる三十日祭、あるいは五十日祭が終わった後で香典返しをするのが一般的です。

五十日祭は仏教で言う四十九日にあたり、忌明けの報告をかねて玉串料を頂戴した方へ、返礼品をお届けいたします。仏教と同様に五十日祭が故人の死去から3か月にかかる場合、三十日祭に切り上げて忌明け祭が行われる事もあります。

香典返しの流れ

流れ

ご逝去された日から計算します

【例】

ご逝去された日・・・・・5月1日

お通夜・・・・・・・・・5月2日

お葬式・・・・・・・・・5月3日

業者へのご連絡・・・・・5月7日~14日前後

打ち合わせ・・・・・・・5月15日~20日前後

リスト作成・・・・・・・5月15日~20日前後

内容の確認・・・・・・・5月15日~20日前後

香典返しお届け・・・・・6月1日~7月19日前後

忌明け日は宗旨・宗派によって多少の誤差があります。

お葬式を担当された宗教者から忌明けまでの日程表が手渡されますので、それを参考にするのが一番良いです。

業者へのご連絡(7日~14日前後)

香典返しの業者へのご連絡はご逝去された日から7日~14日前後に連絡すると慌てる事無くスムーズに進める事ができます。

打ち合わせ(15日~20日前後)

業者へのご連絡後、都合の良い時間帯にご自宅にお伺いいたします。

ご都合によっては連絡頂いた翌日に伺う事も可能ですが、ご逝去から15日~20日頃の予定で進めるとご安心いただけます。

リスト作成(15日~20日前後)

打ち合わせ時にリストの作成を致します。

お通夜・お葬式でご香典をお持ち頂いた方をリストアップします。

基本的には、お通夜・お葬式に参列された際に芳名カードに記帳頂いたカードを集めます。これでご香典をお持ち頂いた方がリストアップされます。

お通夜・お葬式後にご香典をお持ち頂いた方は香典封筒に記載された情報を使用します。記載漏れなどの場合は住所・氏名などを確認する必要があります。

内容の確認(15日~20日前後)

リストアップが終われば次に行うのは内容のご確認になります。

どのようなお品をお返しするかの検討いたします。御礼のお気持ちを伝えるために行う事なので、ご当家のお気持ちが伝わる品選びが大切となります。

事前にカタログがある場合は検討する時間がありますが、打ち合わせ時にカタログを手渡された場合はすぐに決定せずに後日の連絡にしましょう。

香典返しお届け(31日目~79日前後)

【キリスト教の場合】

業者から発送する場合、忌明け後の31日目(早くて)~59日目(遅くて)頃までにお届けとなります。

【仏式の場合】

業者から発送する場合、忌明け後の36日目(早くて)~79日目(遅くて)頃までにお届けとなります。

【神道の場合】

業者から発送する場合、忌明け後の31日目(早くて)~79日目(遅くて)頃までにお届けとなります。

持参してご挨拶する場合は忌明け後から2週間以内くらいにお伺いするのが良いとされています。

香典返しの金額

半額程度が目安になります

香典返しの金額は地域差などもありますが、一般的に頂いたお香典の3分の1から半分程度をお返ししましょう
一万円のお香典を頂戴した場合、五千円程度の香典返しの金額が目安となります。
近年はカタログギフトの金額設定が細かくなっている事からほとんどの香典返しの要望にお応えできます。

しかし、数が多い場合や頂いたお香典金額に大きく差がある場合は3段階くらいの品物で対応するようにしましょう。

ご親族やお身内から高額のお香典を頂戴した場合、扶助のお気持ちである事が多いことからお返しの金額にこだわる必要はないでしょう。
 そのような場合、一般的に3分の1程度をお返しするとよいでしょう。

香典返しの金額
香典返しの金額 高額

香典返しの注意点

本来の香典返しはご遺族が先方の自宅へ訪れて手渡しをしながらお礼をする形になります。

近年は郵送でお届けする形が一般的になっています。直接お会いし御礼をお伝えしない事からお品物にお礼状を添えるのが常識になっています。

お礼状には故人さまの氏名・葬儀での参列やお香典のお礼の文面を書き入れます。それに加えて葬儀・満中陰法要が滞りなく終了した事も合わせてお伝えしましょう。

依頼した業者が発送する場合気にする事はありませんが、ご自身で香典返しの品物をご準備する時の注意点は、品物に必ず掛け紙をします。

【仏式】

蓮の花がプリントされた掛け紙

【キリスト教・神道】

蓮の花がプリントされていない掛け紙

※地域によって掛け紙の種類は異なる事、水引きは一般的な黒白結び切りではなく黄白結び切りの地域もある事からご自身の地域がどのような水引を使用するか事前に把握しておきましょう。

業者に依頼する事で注意点はクリアできます

弊社では信頼できる香典返しの業者をご紹介しております。

地域性を理解しておりご当家の細かい要望にもお応えしております。ご連絡を頂いてから迅速な対応をしており、お香典の整理・リスト作成・お品物選びとご当家の葬儀後のお疲れに配慮してのサポートをしており、ご負担をできる限り少なくしております。

お気持ちで頂戴したお香典のお返しをきちんとする事が故人さまの為でもあると考えております。

私共でお手伝いできる事があれば、真心を込めてお手伝いさせていただきます。

ご相談・ご依頼ございました遠慮なくお電話お待ちしております。

-

お問い合わせはコチラ

〒580-0016  大阪府松原市上田1丁目2-21
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP