お通夜・お葬式の服装 正喪服について【お葬式の基礎知識 服装編】

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7

営業時間 24時間365日

お通夜・お葬式の服装 正喪服について【お葬式の基礎知識 服装編】

ウェルフェアのお葬式コラム

2017/06/05 お通夜・お葬式の服装 正喪服について【お葬式の基礎知識 服装編】

お通夜・お葬式・法要(法事)などで着用する喪服というのは、【正喪服】【準喪服】【略喪服】と格式によって分けられます。

着用する人のおかれている立場や場面で変わってきます。

適した服装で出席するのが望ましいです。

 

【正喪服】

最も格式のある装い

公的な葬儀や一周忌までの法要(法事)など。

喪主・親族など故人に大変近く、改まった立場の人が着用します。

 

男性は黒のモーニングに白いカッターシャツ・コールパンツは黒色が多い物。

ネクタイなど身に着ける物は黒に統一しておき、全て控えめにしておきましょう。

モーニングは昼間に着用するものなので、お通夜など夜は着用いたしません。

 

女性は着物が一般的です、洋装の場合は装飾がないアンサンブルとされています。

スカートの丈はひざ下からくるぶしまでで、肘が見えない袖丈が原則です。

アクセサリーは黒真珠や黒ネックレスなどにして二連や三連などは(不幸が重なる)控えましょう。

 

正喪服とされる物を持っている方は良いですが、持っていない方はレンタルする事が可能です。

大体1万円前後で借りれますので必要な場合は葬儀社に聞いてみましょう。

 

次回は【準喪服】と【略喪服】についてお話いたします。

 

%e5%96%aa%e6%9c%8d

 

ウェルフェア

電話番号 072-334-0334
住所   〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7
営業時間 24時間365日
定休日  年中無休

TOP