焼香は宗派によって作法や回数が違う??【お葬式の基礎知識 焼香編】

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7

営業時間 24時間365日

焼香は宗派によって作法や回数が違う??【お葬式の基礎知識 焼香編】

ウェルフェアのお葬式コラム

2017/06/23 焼香は宗派によって作法や回数が違う??【お葬式の基礎知識 焼香編】

仏教において香を焚くことを焼香といい、特に仏や死者に対して香を焚いて拝むことであります。

私たちの心と体の穢れを取り除き、清浄な心でお参りする際の作法とされています。

 

焼香には線香で行う場合と抹香で行う2種類あります。

【線香焼香】は、日常のお参りに用いられるもので線香を上げることをいいます。

【抹香焼香】は、細かくした香をつまみ香炉に落として焚くことを言います。 一般的には、こちらを焼香といいます。

%e7%84%bc%e9%a6%99

 

基本的な作法としては左手に数珠を掛け、右手の親指・人指し指・中指の三指で香をつまみ香炉(火種)に落します。香が上がりますので手を合わし念じます。

 

※作法は宗派によって異なります。
「焼香の回数が一回で良い」と言う方がおられます。

意味としては「一念三千」からと言われています。

三回は仏・法・僧の「三宝」に帰依するとし、四回は四つの大願を誓う為と言われています。※諸説あります。
焼香の数にこだわるよりは、故人に対しお別れの気持ちを念じて焼香するのが一番良いと思います。

どのような形で参列するとしても、一人の人間の最期として「お疲れ様でした、今までありがとうございました」とご焼香するのが望ましいです。

 

ウェルフェアで葬儀を行う際、当家の宗派に合わせて、焼香作法のご説明をさせて頂いております。

 

 

635bcccbf2c03b7bddb6c17a03cc26a5_s

 

 

※地域やご寺院によって作法が異なる場合があります。
※弔問した際、ご自身のやり方で焼香できれば良いのですが、式進行の都合などで回数の制限を強いられる事もあります。そういう時はそれに合わせてご供養する方が良いです。
※香を押しいただくとは、右手の親指・人差し指・中指の三本で香をつまみ、手を返して額の高さまで掲げる事をいっています。

 

 

ウェルフェア

電話番号 072-334-0334
住所   〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7
営業時間 24時間365日
定休日  年中無休

TOP