喪中に新年を迎える時はどうすれば良い?『お葬式後のご相談』

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0016 大阪府松原市上田1丁目2-21

営業時間 24時間365日

喪中に新年を迎える時はどうすれば良い?『お葬式後のご相談』

ウェルフェアのお葬式コラム

2017/12/18 喪中に新年を迎える時はどうすれば良い?『お葬式後のご相談』

『喪中』(もちゅう)に新年を迎える時はどうすれば良いのか、過ごし方をご紹介いたします。

 

■毎年、年賀状を出している方は、喪中はがきを出しておきましょう。喪中期間中のお祝い事はしないのが古くからのしきたりなので、事前にお知らせしておきましょう。

年末で間に合わない場合などは、年が明けて7日が過ぎてから「喪中で挨拶は失礼いたしました」と寒中見舞いとして出すようにしましょう。

そうすれば相手側に失礼にあたらないと思います。

 

■新年の過ごし方は、『喪中』は故人のご冥福を祈っているという事を他の人にも分かっていただく為に、門松・しめ縄・鏡餅・おせち料理などをやめ、お祝いムードは出さずに普段通りに過ごすようにしましょう。お祝い言葉も述べないようにします。

四十九日を過ぎるまで、神社仏閣への初詣や新年の挨拶まわりなど慶事も控えるようにします。

 

■お墓参りは『喪中』であってもかまいません。

むしろ、きちんとお墓参りするべきでしょう。お墓の掃除は年内にすませておき、きれいなお墓の状態で新年を迎えていただきましょう。

 

これら以外にも『喪中』には控える事というのがいくつもあります。

 

しかし、残されたご家族が前向きに進むのに、目の前の慶事を祝う事で進めるのならそれも良いとおもいます。

一般的に昔からこういう事をしていますよというご紹介にすぎません。

周囲とのバランスを見て判断すのが一番良いのではないでしょうか。

 

a2094619e196a8d454e821d083f00c92_s

 

ウェルフェア

電話番号 072-334-0334
住所   〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7
営業時間 24時間365日
定休日  年中無休

TOP