満中陰法要

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0016 大阪府松原市上田1丁目2-21

営業時間 24時間365日

満中陰法要

満中陰法要と各法要の意味

忌中と喪中

忌中 (1)

忌中

忌中は故人さまのためにご冥福を祈り捧げる期間です。

仏式での忌中期間は一般的に四十九日法要までとなっており、忌明けは忌が明けて、その期間を終えることをさします。

仏式では忌明けが四十九日にあたり、満中陰と呼ばれています。近年では三十五日に繰り上げて忌明けとする事もあります。

忌明け

忌明けとは(きあけ)(いみあけ)と呼ばれています。

忌=人が亡くなったあと、ご家族や近親者が故人さまのご冥福を祈り喪に服す期間とされています。

忌明けは忌が明けて、その期間を終えることをさします。

喪中

喪中は故人さまを偲ぶ期間とされていて、この期間中の慶事は執り行ったり参加したりすることを控える期間です。
喪中期間は故人さまとの関係や付き合いの度合いによっても変わりますが、一般的な期間として一年間です。
目安として『一周忌法要』をもって喪明けと考えるのが良いでしょう。

忌中・喪中

忌明けまでの法要

満中陰法要までの期間

忌明けまでの法要は忌日法要といわれるもので、七日事に法要を行い故人さまのご冥福をお祈りいたします。

初七日~七七日まで七回の法要を行い、七七日法要が『満中陰法要』と呼ばれたり『忌明け法要』とも呼ばれています。

仕事に追われ忙しい・親戚に集まってもらうのが気を遣う・お金がかかるなどの理由で『満中陰法要』までの法要や『満中陰法要』を行わない方もおられますが、各法要の意味を理解する事で出来る限り行う事を望んでいます。

故人さまにとって法要はとても重要です

99455af9c4626e904f89f8ad98ec6f07_s

特に重要な10の法要

『初七日』~『満中陰法要』までの7回の法要と、その後に行う『百日忌』『一周忌』『三回忌』を加えた10の法要があります。

『初七日』~『七七日』(満中陰)まで、故人がどの世界に行けるか裁きを受けるとされており、残されたご遺族やご親族が法要をつとめる事によって、この世からあの世へ善を送ることができ、法要を重ねることで、故人さまの善が増して、故人さまの罪が軽減されていくとされています。

審判を行う十王

故人さまはこの各法要で十の審判を受けるとされています。

その審判内容によって次に何に生まれ変わるかが決まるとされています。

初七日・・・【泰広王】しんこうおう
二七日・・・【初江王】しょごうおう
三七日・・・【宋帝王】そうたいおう
四七日・・・【五官王】ごかんおう
五七日・・・【閻魔王】えんまおう
六七日・・・【変成王】へんじょうおう
七七日・・・【泰山王】たいざんおう
百ケ日・・・【平等王】びょうどうおう
一周忌・・・【都市王】としおう
三回忌・・・【五道転輪王】ごどうてんりんおう

ご遺族が追善供養をすることで、供養が行われたかを確認され事実であれば故人さまの罪は許され、いいところに生まれることができるといます。

中陰

仏教の考えでは人が亡くなり四十九日の期間を経ると、新たな命が与えられ生まれ変わるとされています。これを【輪廻転生】といいます。

この四十九日間の事は『中陰』と呼びます。

【輪廻転生】では六道のいずれかに生まれ変わるとされています。これを【六道輪廻】といいます。

その六道とは地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界とされています。

この【輪廻転生】の審判を閻魔大王が司り生前の良し悪しで決定します。

初七日(7日目)

故人が三途の川を渡り、『泰広王(しんこうおう)』が生前の殺生について調べると言われています。

残されたご遺族は、故人さまがたくさんある【地獄界】などに生まれてこないように、手をあわせます。

二七日(14日目)

故人さまを『初江王(しょごうおう)』が生前の盗みについて調べると言われています。

残されたご遺族は故人さまが飢えたり、やせ細った世界【餓鬼界】に生まれてこないように、手をあわせます。

三七日(21日目)

『宋帝王(そうたいおう)』が生前の不貞について調べるといわれています

故人さまが【畜生界】に生まれてこないように、手をあわせます

四七日(28日目)

『五官王(ごかんおう)』が生前に嘘をついてないか調べるといわれています。

故人さまが争う世界【修羅界】に生まれてこないように、手をあわせます

五七日(35日目)『三十五日法要』

水晶の鏡に生前の罪状が写し出され『閻魔大王(えんまだいおう)』が調べるといわれています。

故人さまが苦しみが多い【人間界】に生まれてこないように、手をあわせます

六七日(42日目)

『変成王(へんじょうおう)』が生まれ変わる条件を加えるといわれています。

故人さまが美しすぎて、騙される世界【天上界】に生まれてこないように、手をあわせます

七七日(49日目)『満中陰法要』

『泰山王(たいせんおう)』が六つの世界の中から故人の行く先を選ぶとされています。

故人さまが仏の世界に生まれて【成仏】できますように、手をあわせます

三十五日法要・満中陰法要

c8a04843e8011d831b0d6435dbc907f2_s

一般的に三十五日法要・満中陰法要で行う儀式

●忌明け法要

●納骨法要

●開眼法要

●お斎

これらをお寺・料理店・ホール・ご自宅などの場所で、ご遺族ご親戚が集まって行います。

『遺影写真』『ご遺骨』『位牌』を会場にお持ちします。お供えがある場合も持参いたします。

すべてを執り行う場合、予定を詳しく決めておく必要があります。

【ご自宅で法要を行った場合】

忌明け法要・・・・10時~10時30分

開眼法要・・・・・10時30分~10時45分

お墓に移動・・・・11時~11時20分

納骨法要・・・・・11時30分~12時00分

料理店へ移動・・・12時15分~12時45分

お斎・・・・・・・13時~14時30分

散会・・・・・・・15時

この場合は、ご自宅→お墓→料理店と2回の移動があるので料理店でマイクロバスを手配するなどで対応し、お墓が遠方にある場合は、納骨は日を改めて行うとよいでしょう。

料理店で法要を行い、その流れでお斎を頂いて終了という形を選ぶ方もおられます。ご遺族ご親戚のご負担も少なく終える事が出来ます。

忌明け後の法要について

ご納骨(法要)について

お仏壇(開眼法要)について

お斎(お食事)について

服装について

香典について

お布施について

香典返しについて

-

お問い合わせはコチラ

〒580-0016  大阪府松原市上田1丁目2-21
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP