家族葬を知りたい・家族葬が分かる

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7

営業時間 24時間365日

家族葬を知りたい・家族葬が分かる

家族葬とは??

家族葬という名前のお葬式の事です

a64aedb54b3731740e934d0f6ddb16cb_s

家族葬は故人を中心とした家族・親戚など近親者だけで行い、儀礼的・社交辞令的な弔問の参列をご遠慮するお葬式の事であります。

家族・親戚など近親者以外の参列者がいるお葬式は家族葬ではないという事になります。

家族葬を家族・親戚や近親者のみで行えば、大きい会場で行っても大きい祭壇を準備しても家族葬と言えます。

規模の大小で家族葬かを判断するのは間違っており規模が小さくても一般参列者が来るのであればそれなりの準備が必要になってくる事から一般葬となります。

お葬式を依頼する葬儀社によってや各家族・個人によっても判断が異なる事でしょう。

明確な定義など無いという事です。しかしお葬式を出す家族や故人がどういうスタイルで行うかを決める事で、お葬式がスムーズに進むという事が言えます。

ではお葬式にはどういうスタイルがあるのでしょうか。

色々あるお葬式のスタイル

密葬

密葬は家族・近親者でお葬式を行って火葬した後、日を改めて本葬を行います。

故人が著名人・交友関係が大変広い・社会的立場が高いなどの理由で数日の間にお葬式を行う事が困難な為、近親者のみでお葬式を行うのが密葬となります。

密葬と本葬はセットとなり、密葬した後本葬(お別れ会など)を行う事になります。

もう一つの密葬の意味合いは、誰にも知らせないで秘密に行うお葬式です。

金銭的余裕が無い・故人が高齢で友人や知人もいないという方などが予算を抑えて行うお葬式とも言えますが、密葬という響きがあまり良いものでは無いので、密葬=直葬という名前に変わってきています。

福祉・民生葬

生活保護受給者が死亡した際、扶養義務者がいない、または扶養義務者が困窮していて葬儀が行えない場合などに、自治体・福祉事務所に葬祭扶助の申請をしお葬式を行います

「生活保護受給者が死亡した際、葬祭を行う扶養義務者がいない時」
「扶養義務者(故人の子、父母、祖父母、孫、兄弟、姉妹)が困窮していて、葬儀が行えない時」
「死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がおらず、その遺留した金品で葬儀が行えない時」
これらに該当する場合は、葬祭扶助を申請し、お葬式を行う事ができます。

葬祭扶助は、生活保護法第18条に定められており、生活に困窮しているすべての国民に対し、必要に応じて適用されます。
文書作成料、火葬料金、遺体搬送料、ドライアイス、骨箱・棺・消耗品・備品などの葬祭用品にかかる費用が援助されます。

支給金額は20万円前後となりますが各自治体によって異なります。

直葬

直葬は『直接火葬』の略語となります。

儀式を一切行わず故人を火葬するだけのスタイルになります。

ご逝去場所から直接火葬場に向かって火葬すると勘違いしやすいのですが、少し違います。

墓地埋葬法第3条に埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く外、死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ、これを行ってはならない。但し、妊娠7箇月に満たない死産のときは、この限りでない。

という法律があります。

火葬場によって、24時間いつでも故人を受け入れてくれる所もありますが、すぐに火葬できるのでは無く、安置室や冷蔵庫での受け入れであります。

火葬式は火葬のみの直葬に儀式を加えたスタイルとなります。

自宅・安置室・ホール・火葬場などで宗教者にお願いして略式の儀式を行って火葬します。

どれくらいの略式かというと、一般的な葬儀で行う儀式(お別れの時間を除く)がおおよそ30分程度なものに対し、火葬式は5分弱程度のものになります。

きちんとした儀式を行う場合、葬儀社による準備・手順などがあるので、火葬式のプラン内では出来ません。

その場合は、1日葬・家族葬・一般葬を選ぶ必要があります。

1日葬(一日葬)はお通夜は行わず、葬儀式のみを行うお葬式となります。
「シンプル葬」・「ワンデーセレモニー」「一日葬」と呼ばれています。
従来の形式と異なる形ではありますが、金銭的負担・体力的負担を抑える事ができるので、高齢者が多いご親族から多くの支持を集めています。

これまでは、お通夜→葬儀式(告別式)→火葬という流れで執り行うお葬式ですが、1日葬では葬儀式(告別式)のみを執り行うというスタイルになります。
葬儀にあまり費用をかけれない・ご親族が高齢のため呼べる親族が少ない・仏教離れにより儀式の割愛を求めている、などの理由により近年大変増えてきています。

経済的に余裕がない方や残された遺族に負担をかけたくない方にとっても、存在意義があります。

従来通りのお通夜・お葬式を執り行いますが、家族・親戚や近親者だけで最期のお別れをする事を最優先に考えたお葬式のスタイルです

儀礼的な弔問を無くす事でお通夜・お葬式をゆっくりと行う事ができ、大切な時間を過ごす事ができます。

沢山の関係者が参列するお葬儀では、参列者への気遣いに力を注ぐ事になります。

家族葬でも、ご親戚やご友人に気遣いは必要ですが、それ以上に故人さまとの最期のお時間を大切にします。

式場に故人さまの写真や思い出の品物をを飾ったり、生前好きだった音楽を流したり、好物をお供えしたり、お手紙や折り紙を折って想いを込めたりと温かいお葬式になる事が多いです。

幅広く訃報を回し、従来通りのお通夜・お葬式を執り行うスタイルになります。

ご家族・ご親戚・ご友人・会社関係やご近所の方に最期のお別れをして頂き故人さまをお見送りするお葬式のスタイルです。

沢山の関係者に参列して頂くご葬儀では、ご親族や一般参列者へお気遣いに力を注ぐ事になります。

家族葬でも、ご親戚や身近なご友人に気遣いは必要ですが、それ以上に接待なども求められるご葬儀です。

一般参列者へのお供養品のお渡し・ご焼香いただいた時の立礼や座礼・参列者への御礼のご挨拶・特に親しい方へはお食事のご案内なども致します。

ご生前お世話になった方へのお礼する事に重点を置いたお葬式といえます。

式場に故人さまの写真や思い出の品物をを飾ったり、生前好きだった音楽を流したり、好物をお供えしたり、お手紙や折り紙を折って想いを込めたりと温かいお葬式を行う事も可能です。

一般葬の中に、『社葬』『寺葬』など『〇〇葬』というものがありますが、施主(お金を出す方)が誰かによって名称ややり方が変わってきます。

家族葬をするのにいくら必要か??

費用の総額は規模によって大きく変わる

まず、総額というのは、葬儀社に支払う総額なのかお葬式(家族葬)にかかった全ての費用の総額かで大きく変わってきます。

ここでは、お葬式(家族葬)にかかる全ての費用を総額とし進めて行きます。

お葬式(家族葬)の費用には項目で分けて考える必要があります。

①プラン料金【固定費】

基本となるお葬式(家族葬)のプラン
ホームページや広告に掲載されている、皆さんが1番目にしている金額が固定費であるプラン料金となります。
表記には、消費税を内税か外税にしているかで実際に支払う金額に差が出るので良く見ておきます。
どのようなスタイルを選ぶかによってプラン料金が異なるので予算総額からプランを選ぶ事も大切な事です。

故人を火葬する為の費用

火葬料金は各市町村によって大きく変動します。

火葬場を持っている市町村の場合は無料~3万円ほどで火葬する事が出来ます。

しかし古い建造物であったり、山奥まで行く必要があったり火葬時間が長かったりと市によって様々となります。

希望するのが美しい建造物での火葬・火葬時間を短くしたい、火葬場が無い市の場合は他市の火葬場に行く必要があります。
その場合、火葬料金は異なってきて、市内料金より市外料金の方が高くなります。
その幅は大変広く、市民料金の10倍ほどかかる市もあります。
火葬場を持っている市と持っていない市で料金は大きく異なるという事が分かります。

故人を安置する場所とお葬式(家族葬)を行う式場使用料

ご逝去場所から自宅にお帰りになった場合は、自宅が安置場所になる為費用はかかりません。自宅でお葬式(家族葬)を行った場合も同じです。

しかし、安置場所が専用の施設・葬儀社のホール・火葬場の場合は24時間単位で料金が発生したり、お葬式(家族葬)を行う場所によって費用は様々となります。

安置方法も『預かり安置』『付き添い安置』とあります。

『預かり安置』は故人を預けるスタイルで自由に拝顔出来ない施設が多く、お顔を見る機会は儀式を行う前後2時間や、最期のお別れの時となる。預ける施設によってルールが異なるので故人を預ける際はきちんと確認する事が望ましい。

『付き添い安置』は昼夜問わず出入りが自由でいつでも拝顔できる特徴を持っています。付き添う事ができるという事で、『預かり安置』より費用は高く設定されています。

式場使用料については、収容人数・広さ・24時間出入り自由であったり施設によって料金は異なります。

支払い先は施設管理者に支払う事になり、お葬式(家族葬)のスタイルによって最適な式場を選ぶ事が望ましいです。

④宗教者へのお礼【変動費】

お寺

宗教者へのお礼

無宗教でお葬式(家族葬)を行えば費用はかかりません。

仏教・神道・キリスト教や各宗教でお葬式(家族葬)を行う場合は宗教者へのお礼が発生致します。

各宗教によってもお礼は異なりますし、お葬式(家族葬)のスタイルによっても異なります。

国内のお葬式(家族葬)で一番多い仏教で例を挙げるとすれば、

火葬式で3万円~7万円前後。

1日葬で7万円~15万円前後。

家族葬で15万円~20万円前後。

一般葬で20万円前後~

と宗派・お寺・ご家族との付き合いの度合によって大きく異なります。

費用がかからない宗教もあります。

お付き合いが無い方には、葬儀社から紹介する事もできてその場合のお布施費用は平均より高くない所を紹介するのが多いです。

⑤食事・供花・車両・返礼品などのオプション【変動費】

オプション費用

基本となるプランでお葬式(家族葬)は行えますが、それ以外に希望するものがある場合は費用がかかってきます。

それらは請け負う業者に支払います。

例えばお通夜の後、お葬式(家族葬)の後に食事をする場合

葬儀社が紹介する場合は提携業者に依頼する事になります。

それ以外の業者の場合、火葬場・葬儀ホールに出入り出来ない場合があります。

親戚15名の場合

お通夜で5人前の寿司盛り合わせが3台約16,200円

お葬式は5,400円の料理で81,000円

飲料が15,000円

で計算すると112,200円の追加費用が発生します。

この数字は恐らくこれくらいの数字になるのでは?という程度のもので、家族関係や希望するものによって大きく変わります


⑤の情報は単価や実例を掲載する事しかできない部分になります。

家族葬を行う時すぐに必要になるもの

お写真   遺影写真にする原版のご準備

遺影写真はずっと残るのでこだわる方がよいです。

【遺影写真にする原版】

・対象者にピントが合っている。

・顔全部が写っていること。

・顔の大きさは3cm以上が望ましい。

・背景はどんな状態でも大丈夫。

・複数人写っていても大丈夫。

・服装は着せ替えができる。

・微笑んでいても大丈夫。

・データでも大丈夫

死亡診断書

b1e8bdba4053fed87c78657c4acdc6e1

死亡確認を行った医師が死亡診断書を発行したりしてくれます。

病院により異なりますが5,000円前後程度かかってきます。

病院の精算(後日の場合もあります)をすませ、死亡診断書を持って安置場所へご移動となります。

※故人の氏名・年齢・生年月日・住所・本籍地・本籍地の筆頭者氏名など記入する事が多いです。

葬儀社と一緒に記入するようにしましょう。

印鑑  死亡届に押印する印鑑

793cad1791d400dfba826442d97e6285_s

医師に発行してもらった死亡診断書(死亡届)に押印します。

届出人の印鑑になります。

届出人によって火葬料金が大きく変わる場合があるので、注意が必要です。

印鑑は斎場でも必要になるので、預けても良い印鑑にしましょう。

宗旨・宗派の確認をしておく

お付き合いがある場合は連絡がつくようにしておきましょう。

お付き合いが無い場合はご紹介しますので宗派の確認を事前にしておくのが望ましいです。

分からない時はお話を伺ってご紹介させていただきますのでご安心ください。

お布施の目安

お葬式の流れ

1.ご臨終

img_hazimete01

医師の死亡確認後、看護師がご遺体の処置をしてくれます。
ご遺体の搬送には「死亡診断書」が必要になります。
忘れず医師に書いていただくようお願いします。
当社にご連絡いただいた後、寝台車でお迎えにあがります。
お迎え距離50kmまでは無料で手配致します。

病院や施設で亡くなった場合

ご自宅や事故で亡くなった場合

2.お迎え・ご安置

m-sindai

病院や故人様の詳細を伺い、ご逝去場所にもよりますが、1時間~1時間半くらいでお迎えにあがります。
ご遺体の安置場所を検討しておく事が望ましいです。

【お預かり安置】

【ご自宅安置】とあらかじめ決めておいてください。
ご安置場所がご自宅であれば、故人様のお布団のご用意もお願いいたします。

【預かり安置】をご希望の方は事前にご相談下さい。

3.ご葬儀の打合せ

式場・火葬場と、宗教者のご都合を確認し、葬儀の日時を決定します。

葬儀をどのような形で行うかによってプランを決定し、遺影写真の選定と、死亡届に必要事項のご記帳、親族にふるまう料理内容の選択を行います。
火葬場の予約や死亡届などの申込は、当社で代行させていただきますのでご希望などお伝えください。

4.式場の設営

img_hazimete04

式場の規則やお見積り内容に従い、祭壇や弔問者の記帳所、焼香所、斎場内の案内紙の準備・設置を行います。
ご供花はお通夜の日15時までにご依頼くだされば、通夜式までに準備することが可能です。
「遺影写真用の額」「位牌」「寺道具」「受付案内板」「記帳用の筆記用具」「芳名カード」「式場搬送用の車」は、当社で手配させていただきます。

5.ご納棺

img_hazimete05

故人様をお棺に納め、お顔の周りを綿花でお飾りいたします。
ご遺族様は、生前故人様が好きだったもの、思い出の品などを棺に納めてください。
納棺が済みましたら、お棺を寝台車で式場に搬送いたします。
「布張棺」「ご遺体に着せる白装束」「ドライアイス10kg」「綿花」は、当社のご用意となります。

オプションではございますが湯灌も可能ですので、ご入用の際はご相談ください。

6.お通夜・葬儀式

img_hazimete06

ご遺族様の方で、必要に応じて受付要員の手配をお願いします。
式に必要な「焼香設備」「喪主バラ」など、式で必要な備品は当社でご用意いたします。
葬儀の司会進行は、当社のスタッフが形式や宗派に沿って、執り行います。
儀式終了後は、お棺にお花を入れて、最期のお別れをします。

7.出棺・火葬

img_hazimete07

出棺の際は、近親者(6名程度)で、お棺を霊柩車・寝台車にご安置させていただきます。

ご出棺し斎場へと各車で向かいます。

斎場到着後職員とご親族で敷地内にある火葬炉に向かい、お棺を火葬炉に納めたら、待合室や料理店での休憩となります。
お骨があがるまでは、お食事の時間となっております。

8.お骨あげ・初七日

img_hazimete08

火葬場で、係員がお骨あげのご案内を致します。
再び式場に戻り、還骨・初七日の法要を行い、すべての儀式が終了します。(近年は葬儀式後すぐに初七日を行うケースが増えています)
ご帰宅の際は、式場や控室に置いているお荷物の引き取りを忘れぬようお願いいたします。
お骨あげ、初七日に必要な「集骨壷セット」「仏花1基」「後飾り写真立て」は、当社でのご用意となります。

お葬式のあと

葬儀後の手続き

葬儀後の手続きは想像以上に大変です。

相続手続きは何度も経験する事ではないし、分からない事が多いと思います。

放っておくと取り返しのつかない状態になり、思いもよらないお金が余分にかかったり、親族関係にヒビが入ってしまう恐れがあります。

家族葬についてのまとめ

cc194f9301d04e3100c8d1b7647b69f4_s

家族葬は故人を中心とした家族・親戚など近親者だけで行い、儀礼的・社交辞令的な弔問の参列をご遠慮するお葬式の事であるという事がわかり、規模の大小で家族葬かを判断するのでは無くどういう形式スタイルにするかで呼び名が変わるという事になります。

費用面においては、葬儀社ホームページ・広告に打ち出している料金以外にかかる費用がある事がわかり、家族葬に付帯する火葬料金・寺院費用・式場使用料・お食事・オプション費なども含めたものが総額費用になるという事を理解する必要があります。

家族葬の準備を事前にできる事をできるだけしておく事で、もしもの時に慌てる事が少なくできるというメリットがあります。

家族葬が無事に終了した後は保険・年金などの手続きが多くあり、ご苦労される事も多くあると伺っています。

私共でお手伝いできる事は少ないかもしれませんが、大切な方を見送るご家族皆さまのお気持ちに添えるように真心を込めてお手伝いさせていただいております。

お問い合わせはコチラ

〒580-0021  大阪府松原市高見の里4-1-7
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP