お葬式のマナー

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7

営業時間 24時間365日

お葬式のマナー

お通夜

抑えておくべきお通夜のマナー常識

a64aedb54b3731740e934d0f6ddb16cb_s

近年の葬儀全体の流れでは『お通夜』が重要な役割になっています。

以前とは異なり『家族』を主にした家族葬が主流となっていて、訃報を聞く回数が以前より減ってきています。

訃報を耳にしても家族葬として行う場合・・『どうすればいいのか?』と思ってしまいます。

故人にお世話になっていたし、ご遺族にお悔やみの言葉もかけたいという時は『お通夜に参列する』という事になります。

お葬式より参列することが多い儀式になるので、お通夜のマナーや服装の確認をしておきましょう。

お通夜の由来と現状

お釈迦様が亡くなった時に弟子たちが一晩中教えや思い出を語り合った事が由来とされています。

夜伽(よとぎ)とも言われ、夜を通してお伽話をした事からお通夜というようになったともいわれています。※諸説あり

昔はほとんどが自宅でお葬式をしていましたが、近年は専用のホールなどでお通夜・お葬式を行う事が多くなっています。

それに伴いお葬式の簡素化が進み、お通夜は夜を通してでは無く『半通夜』1~2時間ほどとなってきています。

お通夜に参列する人が多い理由

日中行われる『葬儀告別式』に参列する事が難しい。

という事から近年ではお通夜だけ参列する人が多くなっています。

一般参列者にとって『葬儀告別式』が持っていた追悼の役割は現代では『お通夜』が担っている事になります。

そのため、『葬儀告別式』に参列する親族や、どうしても『葬儀告別式』に参列したい近しい友人・知人など以外は、お通夜にのみ参列するというのが一般的です。

服装について

%e5%96%aa%e6%9c%8d

略喪服

b60a7a51fa4b50cc68fe987f270cdf08_s

正・準喪服に比べて制約が少なく、上下セットならダークカラーでも大丈夫です。

急な通夜・弔問・三回忌以降の法事などに適しており故人の知人などが着用します。

男性はダークスーツなど目立たず地味目な色合いにし、無地やそれに近いものを選びましょう。

シャツは白無地・ネクタイは黒無地や黒の織柄など。

靴下は黒。

女性はワンピース・アンサンブル・スーツに加えてパンツスタイルも属しています・

色は黒以外に紺やグレーでも可。

袖なしのスタイルは不向きですが、ストライプ・水玉・チェックなど柄が入っていても問題ありません。

準喪服

d112d03d644d0065fd21f811220ec7ae_s

幅広いシーンで着用できる最も一般的な喪服

お通夜・お葬式・告別式・法要で喪主・遺族・親族・会葬者などが着用します。

一般的に喪服と呼ばれるものが準喪服になります。

男性はダブル・シングルのブラックスーツ。

ベストを着用する場合は黒で統一し、シャツは白無地。ネクタイは黒色の無地を選びタイピンつけません。

ビジネス用のブラックスーツではなく、礼服と呼ばれるものが準喪服にあたります。

女性は黒のスーツやアンサンブルなどで正喪服に準じますが、レース・織柄・フリル・リボンなど多少デザイン性があっても問題ありません。

スカート丈はふくらはぎ丈くらいで、袖丈は5分~長袖。

夏は半袖でも構いません。

ストッキングは黒が好ましいです。

正喪服

30d7ceb1bdb762fd91f1d35da24230ab_s

最も格式のある装いが正喪服となります。

公的な葬儀や一周忌までの法要(法事)、喪主・遺族・親族など故人に大変近く、改まった立場の人が着用します。

男性は黒のモーニングに白いカッターシャツ・コールパンツは黒色が多い物。

ネクタイなど身に着ける物は黒に統一しておき、全て控えめにしておきましょう。

モーニングは昼間に着用するものなので、お通夜など夜は着用いたしません。

女性は着物が一般的です、洋装の場合は装飾がないアンサンブルとされています。

スカートの丈はひざ下からくるぶしまでで、肘が見えない袖丈が原則です。

アクセサリーは黒真珠や黒ネックレスなどにして二連や三連などは(不幸が重なる)控えましょう。

実際にどんな服装で参列すれば良いのか

以前までお通夜の服装は、訃報を受けて時間なく参列するものなので平服(普段着)でも良いとされていました。

喪服で参列する事は死を準備していたと思われ逆に不適切ともされてきました。

前述のように近年はお通夜のみに参列する人が増え、お通夜が故人との最期のお別れの場になってきている事から喪服を着用することが一般的です。

服装に格式はあるものですが、冠婚葬祭用のブラックスーツ・ブラックフォーマル(喪服)を着て行けば問題ありません。
ネクタイ・靴下・靴も黒で揃える必要があります。
装飾品(ネクタイピン、結婚指輪以外の指輪、靴の飾り等)は避けるようにしましょう。

身につけてはいけない物があります

殺生を連想させるもの

男女ともに殺生を連想させる毛皮のマフラーやコート・動物柄の物も身に着けてはいけません。

アクセサリーに気を付ける

お通夜・お葬式でマナー違反にならないアクセサリー

●結婚指輪

●パールのネックレス

となります。

なぜパールは大丈夫なのかという事ですが『涙の象徴』とされている事から失礼には当たらないとされています。

ただし二連パールのネックレスなど『重なる』という意味を持つものは、お通夜・葬儀告別式の場に相応しくありません。

望ましい髪型

以前は茶髪や金髪の場合、黒髪にして参列するのが一般的でした。

多様性がすすむ現代では、茶髪も一般的な髪色になってきています。遺族の方が不快に思わない範囲で配慮する事が望ましいです。

そのような状態であっても髪の毛はワックスなどできちんと整えるようにしましょう。

女性の場合、ロングヘアであれば後ろで一つにまとめる事やヘアアクセサリーは控えめなものを使用するという事を心掛けましょう

香典について

香典とは??

香典本来の意味は故人様に供えられる金品の事。
弔意を表す形であり、ご遺族を経済的に助ける意味合いも含まれています。

近年のお葬式でご遺族が香典をご辞退するケースというのが多くなっており弔意を受け取ってもらえない場合もあります。

香典辞退をされている時は供花・供物・弔電など別の形で弔意を表す事もできます。

いつ持参すればよい?お通夜?葬儀告別式?

香典辞退などの情報は参列してから分かる事が多いため、お通夜・葬儀告別式のいずれかで香典を持参するのがよいでしょう。

急な訃報を受けてお通夜に参列する場合は、葬儀告別式に持参します。

香典の書き方

宗派によって表書きは変わるので、お通夜・お葬式に参列し、持参する場合は確認しておく事をおすすめ致します。
薄墨は「涙が落ちて黒墨が薄墨になった」といわれている事から『薄墨』で書くのが基本とされています。

表書きは宗旨によって異なる事から注意が必要です。

【御香典】
仏教で用いられる言葉
【御玉串料】
新道で用いられる言葉
【御花料】
キリスト教で用いられる言葉

裏書きは金額を記載いたします。

内封筒に金額や名前を書くタイプもありますが、それであったとしても表書きは書くようにした方が良いです。

さらに、住所などを書いたほうが先方に対して親切な対応となります。

香典の封筒

悲しみを表す白黒の水引封筒を使用します。

(一部例外もあり、キリストは水引を使用しません)

表書きは名目・名前を書きます。

香典袋
御香典連名

仏式の場合

御香典
御霊前

お葬式の場合、御香典・御霊前・御香料と書くのが一般的です

お葬式後は御供・御仏前と書くと良いです。

神式・キリスト教の場合

御玉串料
御花料

【神式】

お葬式の場合、御玉串料・御霊前と書くのが一般的です

お葬式後は御神前と書くと良いです。

【キリスト教】

お葬式の場合、御花料・御霊前と書くのが一般的です

お葬式後は御花料・献花料と書くと良いです。

金額の目安

香典は付き合いの度合や年齢や社会的地位などによっても違ってきます。

目安として上司や目上の方には少なめにして、部下や目下の方には多めにというのが一般的です。

香典の金額は一桁の場合は9を除いた奇数が良いとされていますが、2万円は例外とされています。

お札は旧札を使用します。

新札しかない場合は一度半分に折ってから包めば良いでしょう。

お通夜会場についたら

一般的な流れ

【受付を行う】

受付にてお悔やみの言葉を伝えて記帳をする。

(家族葬の場合受付が無い場合もある)

【故人の元へ向かいお顔の拝顔】

ご家族に了解いただき故人のお顔を拝顔しご遺族にお悔やみの言葉を伝える。

【通夜式】

儀式が始まり宗旨に合わせて作法を行う。

【通夜振舞い】

一般的には遺族親族で行います。

地域によって一般参列者に振舞われる事もあります。

お悔やみの言葉

気をつける事

【短めの挨拶にする】
ご遺族は精神的・時間的にも余裕がない状態です。長々話すのは負担を強いる事になるので注意が必要です。

【詳しい死因などを聞かない】
事故・思いがけない死など、ご遺族の精神状態は普段とは異なります。失礼のないようにしましょう。

【忌み言葉・重ね言葉は使わない】
重ね重ね・たびたび・くれぐれも・いろいろ・次に・また・引き続き、などは繰り返す事を連想するので使用してはいけません。
四・九は死・苦しみを連想するので使用してはいけません。

【表現に気を付ける】
死亡・死去・急死・生きていた頃などは別の言葉で言いかえる。
死亡・死去  →『ご逝去』
急死     →『突然のことで』
生きていた頃 →『ご生前・お元気な頃』

大往生だった・天珠を全うした、という表現はご遺族が判断することになるので参列者が口にする言葉ではありません。

【宗教によって控える言葉がある】
冥福・成仏・供養→仏式の言葉なので、神式やキリスト教ではつかいません。

基本となるお悔やみの言葉

御愁傷様です。
心からお悔やみ申し上げます。
急なお知らせで本当に驚きました。
お慰めの言葉もございません。
あまりに突然の事で信じられません。
どうぞお力をおとされませんように。
胸中お察しいたします。

お焼香の作法

宗派・地域により異なるが基本的な作法

焼香1
焼香2

①祭壇前に進み故人に対して一礼・遺族に対して一礼。

②数珠は左手に持って、右手の三指で末香を軽くつまみます。

③つまんだ香を押しいただきます。(宗派により異なる)

④香呂内の火種に末香を静かに落とします。

③④を1~3回行います。

⑤数珠をかけて合掌礼拝します。

⑥故人に対して一礼・遺族に対して一礼し席にもどります。

通夜振舞い

声をかけられた場合は断らず頂きましょう

通夜式後に行われる事は『通夜振る舞い』という会食となります。

故人を供養する食事となり故人にまつわるお話しなどを皆さんで行う事から、声をかけられた場合は断らず頂くようにしましょう。

まとめ

【参列】

現代のお葬式事情として、一般的にはお通夜にのみに参列する事が多くなっている。

(葬儀告別式は遺族・親族とごく親しい人が参列する)

【服装】

お通夜の服装は喪服でブラックスーツ・ブラックフォーマルが望ましい。

【香典】

香典は持参していき受付をする時にお渡しするが、受付がない場合は喪主・遺族に渡すようにします。

【焼香】

焼香の作法にきまりがあるが、担当業者への確認などを行い、周りに合わせるようにしましょう。

お問い合わせはコチラ

〒580-0021  大阪府松原市高見の里4-1-7
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP