お葬式のマナー

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0016 大阪府松原市上田1丁目2-21

営業時間 24時間365日

お葬式のマナー

抑えておきたいマナーと基礎知識

お通夜・葬儀告別式

a64aedb54b3731740e934d0f6ddb16cb_s

近年の葬儀全体の流れでは『お通夜』が重要な役割になっています。

以前とは異なり『家族』を主にした家族葬が主流となっていて、訃報を聞く回数が以前より減ってきています。

訃報を耳にしても家族葬として行う場合・・『どうすればいいのか?』と思ってしまいます。

しかし、故人にお世話になっていたし、ご遺族にお悔やみの言葉もかけたいという時は『お通夜に参列する』という事になります。

参列する時に気を付けたいのが『お葬式のマナー』です。

お通夜の由来と現状

お釈迦様が亡くなった時に弟子たちが一晩中教えや思い出を語り合った事が由来とされています。

夜伽(よとぎ)とも言われ、夜を通してお伽話をした事からお通夜というようになったともいわれています。※諸説あり

昔はほとんどが自宅でお葬式をしていましたが、近年は専用のホールなどでお通夜・お葬式を行う事が多くなっています。

それに伴いお葬式の簡素化が進み、お通夜は夜を通してでは無く『半通夜』1~2時間ほどとなってきています。

お通夜に参列する人が多い理由

日中行われる『葬儀告別式』に参列する事が難しい。

という事から近年ではお通夜だけ参列する人が多くなっています。

一般参列者にとって『葬儀告別式』が持っていた追悼の役割は現代では『お通夜』が担っている事になります。

そのため、『葬儀告別式』に参列する親族や、どうしても『葬儀告別式』に参列したい近しい友人・知人など以外は、お通夜にのみ参列するというのが一般的です。

葬儀・告別式

5fcdb846feeeca368a22c16f162fd612_s

一般的に故人さまを火葬する日の儀式を『葬儀式』『告別式』と言われています。

『葬儀式』は死者をこの世からあの世へと送り出す宗教的な儀式となり、仏教で言えば言えば僧侶が読経を行っている時間が『葬儀式』にあたります。遺族やごく親しい人が中心になって営まれます。
『告別式』は、故人の友人や知り合いが参加する社会的な儀式となり、参列者は遺族に慰めの言葉を寄せ、ひとりひとりが焼香したり献花をするなどして、故人に最後の別れを告げます。

『葬儀式』は宗教儀式で主になるのはご遺族。

『告別式』は社会的儀式で主になるのは一般参列者。

本来『葬儀式』と『告別式』は別の意味を持っています。

現在は??

現在のお葬式では、『参列者を長く待たせるのは失礼』『火葬の時刻が決まっている』『本来の形式ですると時間が長くなる』などの理由で、同時進行させることも多くなってきました。
『葬儀式』の最中に参列者の焼香を開始し、『告別式』も同時進行しているという事になります。

そのような中、お葬式の捉え方に変化があり宗教儀式中が『葬儀式』となり、最期のお別れする時間が『告別式』という形になっております。

葬儀の開始から出棺までの時間は約1時間。

それまでに両儀式を終了するタイムスケジュールになっています。

近年主流の家族葬とは??

家族葬は故人を中心とした家族・親戚など近親者だけで行い、儀礼的・社交辞令的な弔問の参列をご遠慮するお葬式の事であります。

家族・親戚など近親者以外の参列者がいるお葬式は家族葬ではないという事になります。

家族葬を家族・親戚や近親者のみで行えば、大きい会場で行っても大きい祭壇を準備しても家族葬と言えます。

規模の大小で家族葬かを判断するのは間違っており規模が小さくても一般参列者が来るのであればそれなりの準備が必要になってくる事から一般葬となります。

お葬式を依頼する葬儀社によってや各家族・個人によっても判断が異なる事でしょう。

明確な定義など無いという事です。しかしお葬式を出す家族や故人がどういうスタイルで行うかを決める事で、お葬式がスムーズに進むという事が言えます。

お葬式に参列する前のチェック

準備

開始時間と式場の場所を確認した
香典の表書き・中袋への記入・現金の封入をした
香典をふくさに包んだ
喪服を着用した

服装

白シャツ・黒ネクタイ・黒靴下を着用した(男性)
アクセサリーや派手な時計、カフス等は外した
靴はシンプルな黒のものにした
メイクは控えめに、黒ストッキングを着用した(女性)
黒いかばんを持った
コートは毛皮以外の地味なものにした

持ち物

香典
式場の地図・電話番号
ハンカチ
ふくさ
数珠
名刺(会社関係)

式場についたら

一般的な流れ

【受付を行う】

受付にてお悔やみの言葉を伝えて記帳をする。

(家族葬の場合受付が無い場合もある)

【故人の元へ向かいお顔の拝顔】

ご家族に了解いただき故人のお顔を拝顔しご遺族にお悔やみの言葉を伝える。

【儀式】

儀式が始まり宗旨に合わせて作法を行う。

参列する時に気をつけたい事

-

お問い合わせはコチラ

〒580-0016  大阪府松原市上田1丁目2-21
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP