お棺に入れて良いもの

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0016 大阪府松原市上田1丁目2-21

営業時間 24時間365日

お棺に入れて良いもの

副葬品は火葬できるものに限ります

折り紙

副葬品(お棺に納める品物)には、故人さまへの弔いのお気持ちが込められています。

白装束(しろしょうぞく)やお別れのお手紙・故人さまを想いながら折った折り鶴・ご生前中愛用していた品物・好んで食べていたお料理など、人の数分お入れする品物があります。

生花は別れ花と言い茎を切ったお花を一輪ずつ手向けるのも副葬品の一つです。

なぜ火葬できる物にかぎるのか

ご遺骨を守る為

火葬場のルールとして、火葬をする場合燃焼を妨げるもの・溶解・爆発の恐れのあるものなどは、ご遺骨や係員を傷つける危険性があります。そのような物は入れてはいけません。

高温下で溶けてしまうプラスチック製品などもご遺骨の色を変える事や、ご遺骨にくっついてしまったりする可能性があるので控えましょう。

ご遺骨が一番綺麗に残るのは何も入れないのが良いのですが、大切な方への想いを込めた副葬品はふさわしいものにしておく事をおすすめ致します。

トラブルを避ける為

お気持ちで納めた副葬品が火葬炉の故障を招き賠償請求問題に発展する事や、火葬の状況を確認する為に火葬場の職員が火葬炉裏側から確認する作業中に爆発事故に巻き込まれる事など、ほんの少しなら大丈夫でしょ・・・のお気持ちが大きいトラブルになってしまう恐れがあります

入れてはいけない副葬品

2c4462a43c47fb7c865c6ceed47084b0_s

ペースメーカー【特に注意】

一番気を付けなければならないのは、故人さまの体にペースメーカーがある場合です。

ペースメーカーを装着したまま火葬を行うと、突然爆発する危険性があります。

私共が寝台車でご逝去場所にお迎えに上がった際に看護師や先生がお伝え頂いた場合は無用なご心配になりますが、伝え忘れ等で気づかないまま火葬する事は避けたい事です。

必ず係員への申告を忘れずに行いましょう。

公害の原因になるもの

バッグや靴などのビニール素材・毛皮革素材・発泡スチロール・プラスチック製品・ゴム製品・ポリエステルなどの化学合成繊維製品・CD・ゴルフボールなど。

二酸化炭素やダイオキシン、悪臭が発生する原因となってしまいます。

プラスチック製品などは溶けてご遺骨に付着し変色させてしまう可能性もあります。

不燃物や燃えにくいもの

金属類・陶磁器・缶・ビン・大きなぬいぐるみ・スイカやメロンなどの水分量の多い果物類・大量の書籍や分厚い布団などの燃えにくいものや燃えないものは、基本的に入れてはいけません。

仮に燃えたとしても、大量の煤や灰が出たり不完全燃焼を引き起こしたりする可能性がある事から注意が必要です。

破裂や爆発の危険性があるものや火葬炉の故障原因となり得るもの

ペースメーカー・ライター・スプレー缶・密封された缶・電池や釣竿・ゴルフクラブ・竹刀・テニスのラケットなどのカーボン製品など。

カーボン製品は、火葬炉のヒューズを飛ばし停止させてしまう危険性がある事から気を付けましょう。

副葬品が入れてはいけないものの場合

写真や紙製品で代用すると納めれます

例えばお酒・車・バイク・船・収集・音楽・映画・旅行などが趣味の方は、大好きな物を一切納めれない状態にあります。

しかし、現像した写真にする事で故人さまへの想いを形にし副葬品として納める事ができます。

私共からご提案させていただいて、趣味で集めていた切手やブランデーやお酒コレクション・旅行先の風景写真・CDジャケット写真・自家用車のお写真・ツーリング先で撮ったバイク写真・思い出の映画パンフレットなどをお気持ちで納めておられました。

納めてあげたいご家族、お気持ちを頂いた故人さまと双方のお気持ちに添える形になっていると思います。

副葬品を選ぶ時間は故人さまの事を考える大切な時間です。

思い出や絆をご確認しながら副葬品をお選び頂きたいと考えています。

まとめ

ご遺骨を守る為の副葬品を選ぶ

ご家族の想いや故人さまの希望を最優先に考えて副葬品を選ぶ事が一番大切なのですが、ご遺骨・環境問題・火葬炉・職員などを守った上で副葬品を選ぶ事も大切だという事が分かりました。

故人さまと過ごす残された大切な時間に、ふさわしい副葬品を選ぶ事は故人さまの事を考える大切な時間となります。

思い出や絆をご確認しながら副葬品をお選び頂きたいと考えています。

-

お問い合わせはコチラ

〒580-0016  大阪府松原市上田1丁目2-21
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP