焼香の作法

ウェルフェア

072-334-0334

〒580-0021 大阪府松原市高見の里4-1-7

営業時間 24時間365日

焼香の作法

焼香とは??

焼香は仏教の作法

焼香は主に「匂い」をその場に立たせる事を目的としております

その匂いには様々な意味が含まれており、お参りする人の身と心を清める効果があるとされていて、穢れを取り除いた清らかな心身で故人を供養するという意味があります。

仏教では故人の食べ物は「匂い」という考え方があり、焼香が用いられます。
法事や普段のお参りでの供養にお焼香や線香を焚く事が多いのはこうした理由からです。

焼香で匂い以外の要素は「煙」ですが、仏教では生きている人間と故人のコミュニケーションは煙を介して行うものであり、お葬式や法事など、故人の魂が帰って来るタイミングでは重要視されています。

焼香の種類は??

線香焼香と末香焼香の2種類に分かれます

線香で行う場合、末香で行う場合と焼香は2種類あります

線香で行う、「線香焼香」は日常のお参りに用いられている作法で、線香を焚いて立てたり寝かしたりして行います。

末香で行う、「末香焼香」お葬式や法事に用いられる作法で、細かい香をつまんで香呂に落として焚く事です。

焼香の作法名

立礼焼香

立礼焼香とは立った状態で焼香を行う作法になります

お葬式や告別式など、イス席の用意がされている式場で行います

式場では遺影の前に焼香台が設置されているので、順番が回って来たら席から立ち上がって焼香所へと進みお焼香を行います

夫婦や家族で参列している場合でも、焼香は個別に行う事が通例である事も覚えておきましょう。

座礼焼香

座礼焼香とは座った状態で行う作法になります

自宅や和室の式場などで葬儀を執り行う場合、焼香台や祭壇も座った時の高さに調整されているので座ったままお焼香する事になります。

順番が回って来たら焼香台まで進んでお焼香するのは立礼焼香と同じです。
座礼焼香の場合には席と焼香台の移動方法に独特の作法があります。

『膝行・膝退(しっこう・しったい)の作法』です。

座ったままの状態で両手の親指だけを立て、他の指は軽く握り込みます。そのまま両腕を身体の少し前方に置いて、身体を軽く持ち上げるようにして腰を前に押し出して移動するのやり方を用いります。

席から焼香台までが遠い場合は中腰で歩いて進みます

回し焼香

回し焼香は香呂と末香を隣の人へ回していきながら行う作法です

自宅で葬儀や法事を行う場合、焼香台への導線を確保する事は難しいケースも多いのでこの作法を用いります。
隣の人から香炉と抹香を軽く会釈しながら受け取り、お焼香を行って次の人へ回すのが基本的な流れになります。
座敷であれば自分の前に置いてお焼香致しますが、イス席の場合は膝の上でお焼香します。

一般的な焼香のやり方

宗派によって多少の違いはあれど、お焼香の基本的な作法は共通しています。
基本の形を覚えておけば、宗派が違っても対応出来るようになります。
最も一般的な立礼焼香を例にしています

お焼香の所作として自分が立ち上がるタイミングは、前の順番の人が席に戻って着席した時です。

この時、次の順番の人に軽く会釈しながら立ち上がるようにしましょう。

しかし、決められた時間で儀式を行う場合は、焼香台を正面に複数人並ぶ事もあります。


【1】

祭壇前(焼香台前)まで進み遺族に対して一礼します。

遺族への一礼の後、焼香台の3歩手前まで進んで遺影に向かって深く一礼しましょう。

【2】

焼香台の前まで歩み寄り、香炉のそばに置いてある抹香を右手の親指・人差し指・中指の3本でつまみます。

【3】

抹香をつまんだまま軽く頭をさげながら、右手を額の高さで掲げます。これは「お香を押しいただく」と呼ばれる作法で多くの宗派で行われる所作ですが、浄土真宗のお焼香では行われない点に注意しましょう。

【4】【5】

押しいただいた抹香は静かに香炉へ落とし、数珠を持っていれば両手にかけて合掌します。抹香をつまんでから香炉に落とすまでの所作は宗派によって繰り返し行われる事もあります。

【6】

お焼香が終わったら同じ向きのまま焼香台から2、3歩下がり、遺族に一礼して自分の席に戻りましょう。

%e7%84%bc%e9%a6%991
%e7%84%bc%e9%a6%992

焼香の作法は宗派により異なります

%e7%84%bc%e9%a6%99

1回の焼香

【浄土真宗本願寺派】

1回の焼香で末香は押し頂きません

線香は1本を2つ折にして、香呂の中に寝かせて置く

浄土真宗においてお焼香は自身の身を清めてお供えするという意味が込められているので、抹香を額に押しいただく事はしません。

1回~2回の焼香

【日蓮宗】【臨済宗】

1~2回の焼香

線香は1本を立てます

2回の焼香

【真宗大谷派】

2回の焼香で末香は押し頂きません

線香は1本を2つ折か3つ折りにして、香呂の中に寝かせて置く

【曹洞宗】

抹香は2回

線香は1本立てる

1回目のお焼香は故人の冥福を祈るもので、2回目のお焼香は1回目のお焼香が消えてしまわぬようにという意味合いです。

1回~3回の焼香

【天台宗】【真言宗】

抹香は1~3回

線香は3本

【日蓮正宗】

抹香は1~3回

線香は1本を折って上に置く

【浄土宗】

抹香は1~3回

線香は1本を2つに折る

お焼香に対する考え方は同じ宗派ごとに異なるので、焼香の回数にも開きがあります。

すべて把握して葬儀ごとに使い分けるという事は求められません。
参列したお葬式では基本的に自分の家が所属する宗派の作法でお焼香すれば良いとされています。
代表的な宗派のお焼香回数を掲載しており、自分の宗派における回数を参照してみてください。

それ以外の宗派では厳密な回数は定められておらず、家や地域の風習によって多少変わってきます。

お問い合わせはコチラ

〒580-0021  大阪府松原市高見の里4-1-7
営業時間 24時間365日 年中無休

072-334-0334

img_cb

TOP